スポーツクラブで夏に備える

20歳を過ぎると、基礎代謝が落ち始めるといいます。人間は、基礎代謝によって毎日大きな割合のカロリーを消費しています。また、これらの基礎代謝を上げることで体温が1℃でも上昇すると、それだけでダイエット効果が望めるとも言われています。ことほど左様に、適度な運動や健全な食生活、生活習慣なども重要ですが、基礎代謝もダイエットの成功のために大きなウェイトを占めていると言えます。

そんな基礎代謝ですが、どうすればあげることができるのでしょうか。そのためにはまず、筋肉の量を増やすのが効率的です。なぜなら、筋肉(骨格筋)は脳などの臓器とともに基礎代謝としてのカロリー消費の大部分を占めているからです。そうは言っても自力で筋肉量をあげようとするのは、かなり骨の折れる道のりです。有酸素運動の1つであるマラソンのように、まずはランニングシューズさえあれば始められるというわけではありません。

自宅で腹筋や背筋をすればいいじゃないか、という声も聞こえてきそうですが、自己流の筋肉トレーニングでは変な癖をつけてしまい体に歪みが生じたり、無理をしてかえって体を痛めてしまったりといったトラブルも生じやすいです。そのため、スポーツクラブなどでトレーニングした方が、しっかり自分の体にあったサービスを受けることができ最終的には近道となることが多いです。

とはいえ、スポーツクラブは入会手続きや各種設備にそれぞれ施設ごとの違いがあるため、どこを選べばいいかがまず最初に立ちはだかる関門といえます。逆に、一度自分にあったスポーツジムが見つけられれば、満足のいく結果が得られる可能性も高まります。